12「髪を強く太く健康的に育てる為」に知って頂きたい事。(頭皮を乾燥させづらいシャンプーについて)

前回からの続きとなります。

頭皮を洗うシャンプーって現在は沢山あるけれど、どんなシャンプーが頭皮を乾燥させづらいのか??・・・

11「髪を強く太く健康的に育てる為」に知って頂きたい事。(髪を大事にするなら頭皮環境から)

 

●頭皮が乾燥しにくいシャンプーについて

頭皮を乾燥させにくいシャンプーはどんなものか??

もうすでにご存知の方も多いとは思いますが

頭皮に優しいシャンプーは

俗にいうアミノ酸系界面活性剤が配合されている物が

多くなっています。

 

海面活性剤は水と油を混ぜる為に配合されますが、シャンプーにもこの成分が配合されています。

界面活性剤には

①高級アルコール系界面活性剤

②せっけん系界面活性剤

③アミノ酸系界面活性剤

という種類があって、

①~③の順に肌への洗浄力・脱脂力が穏やかになり、しかも高価になっていきます。

①の高級アルコール系が1番高そうに感じる名前で間違えやすいですが、

実はこの中では一番洗浄力が強く安価な成分です。

この高級アルコール系の界面活性剤は

市販されている大量生産向けの商品に多く配合されていて

その事が安価な商品は頭皮や髪に良くないといわれる所以になっています。

ともすれば、

高級アルコール系の成分は

数回洗ったら髪と頭皮はものすごく乾燥が進行する??

 

と極端に捉えてしまいがちですが、

正確には1回や2回使用した程度で、髪と頭皮の乾燥が顕著にあらわれるのではなく

⚫︎あくまで使用を繰り返すと頭皮と髪の乾燥が進む場合が多い

という表現が正しくなります。

この表現は言い換えると

毎日シャンプーする習慣が当たり前になっている現代では、

●365日間、繰り返しのシャンプーで髪と頭皮の乾燥が少しずつ繰り返される

という事に繋がります。

※本当に髪と頭皮がデリケートで乾燥しやすい方には数回でもオススメできない事も確かではあります。

そして、

頭皮を乾燥させづらいシャンプーとは、


毎日行うシャンプーで乾燥が蓄積していかない程度の適度な洗浄力をもったモノとなります。

ここまでで、

毎日洗う習慣に応じたシャンプーの選択が重要な事は理解してもらえたでしょうか??

 

今回はここまで・・・。

次回は

現代人はシャンプーという習慣で頭皮と髪を乾燥させやすい状態に・・・。だからこそ使用したいシャンプーとは??

次回はこちらについてお伝えします。

続きはこちら↓

13「髪を強く太く健康的に育てる為」に知って頂きたい事。(完結編)

 

Follow me!