人口毛は「形状記憶毛」??

人口毛が形状記憶するとはどういう事なのか??

お客様に施術する際に使用する人口毛は

元々ハリガネのように直毛の形状をしていて下記の画像のように結んだ直後は自毛に馴染みません。

人口毛は熱の力で形状記憶をする特性があるので、最後に自毛に合わせてカットした後にアイロン処理を施します。

こうすることで、人口毛が数か月間形を記憶するようになります。

後は手櫛で馴染ませると・・・、

このように最後は自毛と人口毛を全く判別できない状態に仕上がりました。

結んだ人口毛はこの先数か月間は形を維持しますが、お客様の生活習慣によっては2か月~3か月程度で若干形状記憶があまくなる場合があります。

●形状記憶が甘くなりやすい生活環境は??

●温泉、サウナ、プール等で頻繁に髪を濡らしたり乾かしたりを繰り返す。

●髪がぬれた場合にドライヤーを使用せず自然乾燥している

こういった習慣がある方は人口毛の形状記憶が乱れやすくなりますので、基本的には髪を優しく梳かしもつれをとった後に、毎日ドライヤーで髪を完全に乾かす事を推奨しています。

こういった環境の方は「形状記憶が少し甘くなった」「手触りがざらざらしてきた」という事が起こる場合があります。

しかしご安心ください。

人口毛はもう一度熱を与える事で何度でも形状を戻す事ができますので、こういった場合もサロンにご連絡いただければ熱処理のメンテナンスをさせて頂いています。

この場合の費用はご予約いただければ無料で行っていますので是非お気軽ご利用下さい。

Follow me!